160414

保険料を支払った時と保険金を受け取った時の確定申告


生命保険は、保険料を支払った年には保険料控除の確定申告を行うことで、納める所得税と住民税の金額を抑えることができます。また、生命保険金を受け取った年は、受け取り方や受取金額により税金を納めることもあります。保険に加入する前に、保険と確定申告の関係を知っておきましょう。

1.保険料を支払ったときの確定申告

保険料控除とは、1年間に支払った保険料うちの一定額を年末調整または確定申告を行うことにより、その年の所得から差し引くことができるものです。
新契約と旧契約では控除の種類と控除額が異なります。

(1)生命保険料控除の新契約と旧契約

①新契約(平成24年1月1日以降に加入した保険が対象)

控除対象となる保険には、一般の生命保険料控除・介護医療保険料控除・個人年金保険料控除の3種類があり、控除となる最高額はそれぞれ所得税では4万円、住民税では2万8千円であり、合計の最高額は所得税が12万円、住民税では8万4千円となります。

②旧契約(平成23年12月31日までに加入した保険が対象)

控除対象となる保険には、一般の生命保険料控除・個人年金保険料控除の2種類があり、控除となる最高額はそれぞれ所税では5万円、住民税では3万5千円であり、合計の最高額は所得税では10万円、住民税では7万円となります。

なお、新契約と旧契約の両方の保険に加入している場合は、それぞれの制度で控除額を計算し、合計の最高額は所得税は12万円、住民税は8万4千円となります。

(2)保険料控除の申請方法

保険料控除を行うために、自営業者は毎年確定申告を行いますが、会社員の場合には年末調整で行えます。年末調整は、保険会社から、毎年10月~11月頃に送られてくる「生命保険料控除証明書」を添付した「給与所得者の保険料控除等申告書」を会社から指定された期間内に提出することとなります。これにより、会社が控除額を計算しますので、改めて確定申告をする必要はありません。

しかし、年末までに生命保険料控除証明書が届かないことや、保険料控除の申告書の提出期限を過ぎてしまった場合には、確定申告を行うことで、払い過ぎた税金が還付されます。年末調整に間に合わなかった場合には、確定申告を行いましょう。

2.保険金を受け取ったときの確定申告

死亡保険金を受け取ったときや、生命保険の満期金を受け取ったときには、納税の対象となり、確定申告が必要となることがあります。

(1)死亡保険金

交通事故や病気などにより、死亡保険金を受け取った場合には、誰に保険をかけているか、だれが保険料を支払っていたか、また、だれが保険金の受取人となっているかによって、所得税、相続税、贈与税のいずれかの課税の対象となります。
受け取る死亡保険金の金額により、税金を納めなくてよいこともありますが、課税額を計算して税金を納める必要があるとわかったときは、確定申告をします。
 

(2)生命保険契約に係る満期保険金

主に貯蓄を目的として加入している生命保険の契約が満期を迎えて保険金を受け取ったり、途中で解約して解約金を受け取ったりした場合には、だれが保険料を支払っていたか、だれが保険金の受取人となっているかによって、所得税または贈与税のいずれかの課税の対象となります。
支払った保険料と受け取った保険金の金額により、税金を納めなくてよいこともありますが、課税額を計算し税金を納める必要があると分かったときには確定申告をします。

(3)所得補償保険の保険金を受け取ったとき

病気やけがにより働くことができなくなり、働けない期間の給料などを補てんする目的の保険を所得補償保険といいますが、受け取る保険金は非課税となりますので確定申告の必要はありません。

3.確定申告に迷ったら

保険へ加入するときは、あらかじめ自分に必要な保険金額と保険への加入目的を明確にしておき、加入しようとする保険が保険料控除の対象になる保険なのかも確認しておく必要があります。また、実際に保険金を受け取ったときに、税金を払う必要があるのかないのかなど、確定申告の要否に迷うことがないとはいえません。

そんな時に頼れるのがファイナンシャル・プランナー(FP)です。FPは保険に関する税金の知識も持っていますので、保険に加入し保険料を支払った時も、保険金を受け取った時も、確定申告が必要なのかどうかの判断を行うことができます。
ただし、実際にいくら税金を納めなくてはならないか、いくらの税金が戻ってくるのかなどの納税や還付に関する計算は税理士の業務であるため、税理士資格を持たないFPは確定申告の事務処理そのものではなく、確定申告が必要かどうかのアドバイスを行います。

保険の無料相談サイトでは、知識が豊富なFPが、確定申告の要否も考えて、あなたに適切な保険を、親身になってアドバイスしてくれますので、今すぐアクセスしてみましょう。

[参考]ネットで相談できる!おすすめの保険無料相談サイト人気ランキング


▼保険の見直しや加入でお悩みの方はこちらがおすすめです。
人気No.1 保険無料相談サイト

こちらの記事もおすすめです!

関連記事


Facebookページ

ピックアップ

  1. ranking

    2016.12.08

    【保険の見直し・加入でお悩みの方へ】おすすめの保険無料相談サイト3選

おすすめ記事

  1. kokyo01

    2017.01.04

    転勤族から見た「故郷」への憧れと、「家族」という居場所
  2. hoken01

    2016.11.09

    家族とは万華鏡のようなもの。その時々で変化を楽しめばいい
  3. 02

    2016.07.15

    疎遠となった家族を乗り越えて、愛する人だけにお金を残すいくつかの方法

facebookページ