160205d

保険の「掛け捨て破損」は本当か?


保険販売員の常套句

保険加入を考えて保険外交員にコンタクトをとると、必ずと言って良いほど薦められるのが「掛け捨てではない保険」です。「保険で資産を形成しましょう」「貯蓄にもなりますよ」といった常套句とともに、これらの保険は薦められます。それでは、この「掛け捨てではない保険」とはいったいどういうものなのでしょうか?そして、ほんとうにお得なのでしょうか?

定期保険と終身保険

今回は死亡保険を例にとって解説します。死亡保険とは、被保険者が死亡したときに決まった金額の保険料が支払われるという、もっとも基本的な保険です。そして、この死亡保険には大きく分けて、定期保険終身保険の2種類があるのです。

定期保険 保険期間と保険料払込期間が「10年間」「60歳まで」などと決まっており、その間に万一のことがあれば保険金が支払われる保険。保険料は基本的に掛け捨て。
終身保険 保険期間は一生涯。保険料払込期間は一生涯のものもあれば、「20年間」「60歳まで」などと期間が限られるものもある。保険料払込期間が過ぎて数年後に解約すると、それまでの総支払保険料を上回る解約返戻金が受けとれるものが多い。

ここまでを考えると、終身保険の方が圧倒的に有利な商品であるように思えます。定期保険は必ず更新が必要で、もし保険期間に万一のことがなければ、それまでに支払った保険料はパーになるのですから。後々解約すると高額の解約返戻金が得られる終身保険は、子どもが独立して必要保障額が小さくなる老後のために資産を形成するという意味では、まさに理想的な商品であるように思います。しかし、この比較には重大な盲点があるのです…!

終身保険は、とにかく高い!

その盲点とは、保険料です。ここでは、アフラックの定期保険と終身保険を例にとって保険料を比較してみたいと思います。ともに保障額は1000万円で30歳男性として保険料をシミュレーションしています。

商品名 月額保険料
定期保険 死亡保険Lightフィットプラン
(元気割引を適用しない)保険期間:10年
2380円
終身保険 未来の自分が決める保険WAYS 保険料払込:60歳まで 1万7800円

表を見ると分かるとおり、終身保険は定期保険に比べて保険料が圧倒的に高いのです。
住宅ローンを払い終え、子どもも全員独立した人ならまだしもです。この保険は、20~40歳代でこれから人生のビッグイベントを次々に迎える、あるいはまさにそれと格闘中の人に向いていると言えるでしょうか?

掛け捨てでない保険に入ると、資産形成できない?

住宅ローン、マイカーローン、教育ローン(奨学金)、…。世の中にはさまざまなローン商品が販売されています。それはなぜか?その人生イベントの際に、家計の貯蓄が尽きる人がたくさん存在するからに他なりません。実際、ほとんどの日本人は上記のローンの1つあるいは複数を利用して、人生の働き盛りの時期を過ごすのです。
どんな種類のローンとはいえ借金なのですから、利息が付きます。利息は完全に無駄な支出ですから、人はなるべくローン金額を抑えるように貯蓄をし、またなるべく繰り上げ返済をしようとするのです。そんな時期に、将来のためだからといって貯蓄性のある保険に高額な保険料を払い込む意味があるのでしょうか?下手をするとこれらのローンの利息が、終身保険の解約返戻金で得られる利益を上回ってしまうかもしれません。

保険外交員が「掛け捨てではない保険」を薦める本当の理由

保険外交員の収入は、保険会社によって差はあるようですが、販売した保険の保険料に応じて増減する仕組みになっているようです。つまり、1人の顧客に1つの商品を販売するのは同じでも、より高額な保険を売りつけた方が儲かるのです。これが、保険外交員が終身保険を薦めるほとんど唯一の理由です。ですから、賢い消費者なら甘言に乗ってはいけません。
保険という商品は、それ単独ではなく他のさまざまな金融商品と見比べて選ぶ必要があります。そのためには、人生を大きく眺めて収支の波を把握しなければなりません。ですから、中立な立場で専門的な意見を言ってくれるパートナーがいれば心強いですね。


▼保険の見直しや加入でお悩みの方はこちらがおすすめです。
人気No.1 保険無料相談サイト

こちらの記事もおすすめです!

関連記事


Facebookページ

ピックアップ

  1. ranking

    2016.12.08

    【保険の見直し・加入でお悩みの方へ】おすすめの保険無料相談サイト3選

おすすめ記事

  1. kokyo01

    2017.01.04

    転勤族から見た「故郷」への憧れと、「家族」という居場所
  2. hoken01

    2016.11.09

    家族とは万華鏡のようなもの。その時々で変化を楽しめばいい
  3. 02

    2016.07.15

    疎遠となった家族を乗り越えて、愛する人だけにお金を残すいくつかの方法

facebookページ