hoken01

保険に加入している人もこれからの人も再確認!保険の基礎知識


保険に加入している方でも意外と知らない保険の用語や仕組み。今回は、これから保険に加入しようと思っている方にも、これだけ知っていれば安心!加入している方もなるほど!な「保険の基礎知識」についてまとめてみました。

保険の役割について

「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」という言葉のように、「保険」は大勢の人が資金(保険料)を出し合い、必要な人が受け取る(給付)ことができるという「相互扶助」の精神から成り立っています。
また、「保険」はいざという時の備えとしてだけではなく、保険の種類によっては将来に必要となる資金の準備として利用できるものがあります。
このように「保険」は、様々なライフスタイルや価値観に合わせて、組み合わせを自在にプランニングできるものなのです。

保険の基礎用語

保険の用語については、わかっているようでいても、説明を求められると「何となく自信が持てない」と思われている方も多いのではないでしょうか?まずは基本の用語を一緒に確認していきましょう。

用語 解説
契約者 保険会社と契約を結ぶ人。その契約の内容変更や解約などの権利を持つ。保険料の払い込み義務がある。
被保険者 その保険の対象となる人。
受取人 保険金・給付金・年金などを受け取る人。
保険料 契約者が保険会社に支払う金額のこと。
保険金・給付金 保険金とは、被保険者の死亡や満期で支払われるもの。※
給付金は、入院給付金や通院給付金、祝金などのことで、支払を受けた後も契約が続きます。

※満期保険金は、保険契約満了時までに生存していた場合に受け取る保険金です。契約の途中で死亡してしまった場合は、死亡保険金として支払われます。

保険の種類

先にお伝えしたように、保険には「いざという時のための備え」と「将来に必要となる資金の準備」という役割があります。

「いざという時のための備え」としては

定期保険

契約期間が決まっており、基本的には掛け捨ての保険。
また、死亡保障がない「医療保険」や「がん保険」などは、掛け捨てではあるものの保障が定期タイプと終身タイプがあります。
        
「将来に必要となる資金の準備」としては

養老保険

契約期間が決まっており、満期に満期保険金受け取れる貯蓄性の保険。

学資保険

学資保険については、進学時に満期金の一部を受け取ることができる

年金保険

年金保険は、満期時に一括もしくは年金として分割して受け取ることができる

「いざという時のための備え」と「将来に必要となる資金の準備」の両方を兼ね備えた保険としては

終身保険

契約期間が決まっていない、死亡するまでずっと続く保険だが、解約返戻金をもって将来の資金準備ともなれる。
ただし、解約後の保険がなくなることや保険料払込期間によっては、払い込んだ保険料よりも解約返戻金が大きく下回ることもあるので、契約時にはライフプランをしっかり立てることが必要です。

保険金を受け取るときにかかる税金

保険金や給付金を受け取るときには、税金がかかることがあります。これは、保険の種類やその契約において、保険料を支払った人と受け取る人の関係性によります。

「契約者=受取人」の契約

  • 所得税(一時所得)がかかる・・・生存給付金や祝金
  • 所得税(雑所得)がかかる・・・ 分割で受け取る年金保険

ただし、保険料を一時払いした貯蓄性の商品は「金融類似商品」として位置付けられる場合があります。その商品を5年以内に満期・解約した場合、預貯金同様に受け取る金額と払い込んだ保険料の差額に対し、源泉分離課税されます。

「契約者≠受取人」の契約

  • 贈与税がかかる・・・死亡保険金や満期保険金など

ただし、死亡保険金の場合、受取人が被保険者の相続人に該当する場合は相続税がかかります。

※「高度障害保険金」、「介護年金・一時金」、「入院給付金」などは非課税です。

それでもわからないことは専門家に聞くのが一番!

今回の「保険の基礎知識」はいかかでしたでしょうか?少しはあなたが保険を選ぶ際の役に立てましたでしょうか?
保険についての用語は、一見難しく感じるかもしれませんが、実は字のごとく、そのままの意味であることが多いのです。
それでも「よくわからない」と疑問に思うことがあれば、保険に詳しいFP(ファイナンシャルプランナー)に聞いてみてはいかがでしょうか?

どの保険会社にも属さない保険に詳しいFPであれば、保険加入を強く勧められる心配はないでしょう。
保険の無料相談サービスでは、親身になって相談にのっていただけます。
そして、その際には今回の「保険の基礎知識」を思い出して、話してみてくださいね。

[参考]ネットで相談できる!おすすめの保険無料相談サイト人気ランキング


▼保険の見直しや加入でお悩みの方はこちらがおすすめです。
人気No.1 保険無料相談サイト

こちらの記事もおすすめです!

関連記事


Facebookページ

ピックアップ

  1. ranking

    2016.12.08

    【保険の見直し・加入でお悩みの方へ】おすすめの保険無料相談サイト3選

おすすめ記事

  1. kokyo01

    2017.01.04

    転勤族から見た「故郷」への憧れと、「家族」という居場所
  2. hoken01

    2016.11.09

    家族とは万華鏡のようなもの。その時々で変化を楽しめばいい
  3. 02

    2016.07.15

    疎遠となった家族を乗り越えて、愛する人だけにお金を残すいくつかの方法

facebookページ