160829

県民共済は保険検討の選択肢に入っていますか?


保険と共済はどう違う?

「○○共済」という名前、どこかで聞いたことはないでしょうか?「こくみん共済」や「コープ共済」「JA共済」そして「都道府県民共済(以下、県民共済)」などという共済が、私たちの周りで存在しています。

そしてこの共済、加入者から毎月お金を集めて、加入者に万が一のことがあればまとまったお金を受け取ることができるという仕組み自体には、保険との違いはありません。種類も「生命共済」「医療共済」「総合共済」などと、保険と同様の保障を展開しています。

それでは両者は何が異なるのかというと、監督官庁と法令根拠が異なります。保険は金融庁のものと保険業法によって監督されているのに対し、共済は県民共済なら厚生労働省と消費生活協同組合法、JA共済なら農林水産省と農業協同組合法というように、乗っかっている制度が違うのです。また、このため以下のように細かなところで言葉遣いが異なるのも知っておきたいところです。

保険 保険金 保険料 配当金
共済 共済金 共済掛金 割戻金

そして、両者の最大の違いは、保険では保険会社が利益を得ることが認められている営利事業であるのに対し、共済は加入者相互の助け合いで運営されている非営利事業であるという点です。共済は非営利事業のため、保険では認められている保険会社の取り分がないので、掛金が安いというのが最大のメリットです。ですが、良いことづくめなら保険会社の保険は成立しないはず。ならば、共済にもデメリットがあるのです。

県民共済のデメリット セーフティネットが不十分

共済のデメリットの1つめは、公的なセーフティネットがないことです。保険を販売する保険会社は、生命保険契約者保護機構(以下、機構)に加盟することが義務付けられています。このため、もし生命保険会社が破綻しても契約者の保険はすぐに消滅(それまで払い込んだ掛金がパー)ということにはならず、機構によって契約の大部分は保全されます。

また、保険会社が保険金支払いのためにプールしておかねばならないお金(責任準備金)が一定量を下回ると金融庁から指導が入るのですが、保険には契約者を守る2重のセーフティネットがありますが、県民共済などの共済には、このようなセーフティネットはないか、あっても不十分なのです。

ですが、県民共済には貯蓄型の商品はほとんどなく、生命共済や医療共済などの掛け捨てのものが主流となっているので、大きな契約をしないのであればセーフティネットないというデメリットはさほど大きくとらえる必要はないでしょう。

県民共済のデメリット 保障内容のバリエーションが貧弱

それでは、実際に代表的な県民共済を例にとって、保障内容を点検してみましょう。例に挙げるのは、埼玉県民共済の「医療・生命共済」です。

月掛金2000円コース(4000円コースは以下の保障額が倍になる)

入院共済金 日額8000円
手術共済金 入院中の手術1回につき5万円、外来による手術1回につき1万円
重度障害共済金 不慮の事故によるもの1000万円、病気によるもの400万円
死亡共済金 不慮の事故によるもの1000万円、病気によるもの400万円

注目すべきは、以上すべてセットで主契約が構成されており、ひとつひとつの保障を増やしたり外したりはできないということです。埼玉県民共済には医療保障と生命保障の商品は上のものと少し保障内容が異なる「医療・生命共済プラス型」の2種類しかなく、それぞれに保障額が異なる月掛金2000円コースと4000円コースがあるだけなので、バリエーションはわずか4つにとどまります。

このように、保障のバリエーションが貧弱だというのは何も埼玉県民共済に限ったことではなく、全国の県民共済において同様です。そしてこの点が、県民共済のデメリットなのです。保険会社の保険なら、自分のニーズに応じて特約を増やしたり外したりできるのですから。

デメリットは多いが、コスパは無視できない!

以上、デメリットも多い県民共済ですが、掛金が安いという一事は、そのデメリットを補うに余りあるインパクトを持っています。特に、貯蓄型の保険を考えておらず、県民が募集する共済とご自身のニーズが合致している人なら、一考の価値があるでしょう。また、お住まいの地域の県民共済とはニーズが合わなくても、冒頭で述べたように共済を提供する団体はいくつかありますので、合うものを探してみてはいかがでしょうか。


▼保険の見直しや加入でお悩みの方はこちらがおすすめです。
人気No.1 保険無料相談サイト

こちらの記事もおすすめです!

関連記事


Facebookページ

ピックアップ

  1. ranking

    2016.12.08

    【保険の見直し・加入でお悩みの方へ】おすすめの保険無料相談サイト3選

おすすめ記事

  1. kokyo01

    2017.01.04

    転勤族から見た「故郷」への憧れと、「家族」という居場所
  2. hoken01

    2016.11.09

    家族とは万華鏡のようなもの。その時々で変化を楽しめばいい
  3. 02

    2016.07.15

    疎遠となった家族を乗り越えて、愛する人だけにお金を残すいくつかの方法

facebookページ