160205

選ぶ保険は、保険料の安い掛け捨て型?お金の戻る積み立て型?


生命保険の加入を考えて保険を調べたり、保険会社に相談したりすると、「定期保険」という保険料は安いけど貯蓄性がほとんどない掛け捨て型の保険と、「終身保険」という保険料は高いけど貯蓄性がある積み立て型の保険の両方があることに気づきます。
保険には、掛け捨て型積み立て型がありますので、生命保険に加入する前にそれぞれの特徴を知っておき、どのような保険が自分に合っているのか確認しておきましょう。

1.死亡保障とは?

生命保険には、いろいろな保障が組み合わさっていることが多いのですが、ケガや病気などの理由で死亡した場合に保険金を受け取れることが主であり、これを死亡保障といいます。死亡保障は、人の命に係わる保障であり、万一のときに、遺された家族がその後の生活に困ることがないように契約する保険です。

2.掛け捨て型

掛け捨て型の生命保険の死亡保障の代表は「定期保険」です。定期保険は、保障される期間があらかじめ定まっていることから、終身保険と比較して、保険料が安いことが特徴です。掛け捨て型の保険料が安い理由は保障を重視していて、貯蓄部分が保険料に含まれていないからです。
つまり、毎月多額の保険料を支払うことは難しいけど、10年や20年などのある一定の期間だけは手厚い保障が欲しいという場合には、定期保険への加入が適しているといえます。ただし、保険の契約期間が満了した翌日に亡くなった場合には保険金を受け取ることはできなくなります。
なお、加入時および更新時の年齢で保険料が計算されますので、加入時の保険料が比較的安くても、10年後や15年後などの更新時は年齢が上がり、保険料も上がります。更新時には保険料がいくらになるか、あらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

3.積み立て型

積み立て型の生命保険の代表は「終身保険」です。終身保険は、保障期間が一生涯であるため、どんなに長生きしたとしても、いつかは家族が保険金を受け取ることができます。
積み立て型は、保険金を受け取ることが約束されている貯蓄重視の保険であり、保険料に貯蓄部分が含まれているため、掛け捨て型と比べて保険料は高くなります。
つまり、保険料は高くても構わないから、必ず保険金や満期金を受け取りたいという場合には、積み立て型の保険が適しているといえます。
なお、積み立て型の保険には、老後に使いたいお金を貯める年金保険や、子ども進学資金に使いたいお金を貯める学資保険など、貯蓄を目的としている保険も含まれます。また、積み立て型の保険には更新という考えがなく、保険料の支払い期間内の保険料は一定額であり、増減がないことがほとんどです。

4.掛け捨て型と積み立て型を賢く組み合わせる

実際の生命保険は掛け捨て型と積み立て型を組み合わせているものが多く、その割合は保険によって異なります。
現在の比較的若く結婚したばかりのご夫婦や、お子様がまだ小さいご家庭など、家族が将来に向かって成長していく家庭は、教育費や生活費が今後増えていくと考えられます。このような生活するための支出が多く、万一のときに大きな保障は必要だが、多額な保険料を支払うことが難しい場合には、掛け捨て型の定期保険を中心とする保険が適しているといえます。その後、人生も後半に差しかかり、子どもも成人を迎える時期が近づいてくると、必要な保障額は徐々に減ってくることとなり、掛け捨て型の定期保険を見直し、貯蓄型の終身保険の割合を徐々に増やすことが適しているといえます。
少しずつ変化する家庭事情に合わせて、必要な保障額は日々変化していますので、保険も随時見直すことが望ましいといえます。

5.掛け捨て型と積み立て型のバランスが大切

掛け捨て型と積み立て型をバランスよく組み合わせ、自分に適した保険に入ることが保険選びの理想ですが、どのような組み合わせが自分に一番適しているかの判断は難しいものです。
このようなときに頼れるのがファイナンシャル・プランナー(FP)です。万一の時に、遺された家族はいくら必要なのか、また、毎月いくらの保険料ならば家計が苦しくならないのかなど、FPは個々の家計の事情を丁寧に聞き、本当に必要な保険を一緒に考えてくれますので、FPへの相談は保険選びの近道となります。保険無料相談サービスでは保険知識の豊富なFPが親身になって、あなたに必要な保険を探してくれます。今すぐアクセスして、自分に必要な保険にお手頃な価格で加入しましょう。

[参考]ネットで相談できる!おすすめの保険無料相談サイト人気ランキング


▼保険の見直しや加入でお悩みの方はこちらがおすすめです。
人気No.1 保険無料相談サイト

こちらの記事もおすすめです!

関連記事


Facebookページ

ピックアップ

  1. ranking

    2016.12.08

    【保険の見直し・加入でお悩みの方へ】おすすめの保険無料相談サイト3選

おすすめ記事

  1. kokyo01

    2017.01.04

    転勤族から見た「故郷」への憧れと、「家族」という居場所
  2. hoken01

    2016.11.09

    家族とは万華鏡のようなもの。その時々で変化を楽しめばいい
  3. 02

    2016.07.15

    疎遠となった家族を乗り越えて、愛する人だけにお金を残すいくつかの方法

facebookページ