car01

自動車保険の掛け金を安くする方法とは?


自動車って持っているだけでお金がかかりますよね。
運転すればガソリン代もかかりますし、オイル交換もしなければなりません。
運転しなくても車検費用は掛かりますし、駐車場代や毎年の自動車税もかかります。
そして忘れてはならないのが、任意の自動車保険ですが、自賠責保険と異なり任意の自動車保険はまだまだ安くできる余地があるんです。
そこで今回は、自動車保険を安くするためのポイントを紹介しちゃいます。

ドライバーを限定する

自動車保険の中には、「運転者年齢条件」「運転者限定」といった、自動車保険の補償対象となるドライバーを限定する項目が設けられています。
運転者年齢条件には、「21歳以上」「26歳以上」「30歳以上」など、対象となる年齢を挙げていって補償の範囲を狭めれば狭めるほど、自動車保険の掛け金は安くなります。
「全年齢」とするのは、最も保険料が高くなるパターンですよ。
「運転者限定」というのは、年齢以外の方法で補償対象となるドライバーを限定する方法。
「本人限定」「本人及び配偶者限定」「家族限定」などとなっており、本人限定が最も自動車保険の掛け金を安くすることができます。

車両保険の保険金を安くする

「車両保険」とは、事故に遭った際に自分の車両の損壊に対して補償してくれる項目です。
自動車保険の補償項目の中で、車両保険がついているのとついていないのとでは、保険料が大きく違ってきます。
車両保険への加入をやめただけで、毎月の自動車保険料が半額に下がったなんて言う人もいるくらいですから。
事故相手の過失割合が大きい事故でしたら、相手の自動車保険から車両の修理代を支払ってもらえばいいですし、自分の過失割合が多ければ自業自得としてあきらめもつきます。
とはいえ、完全に外してしまうのももったいないので、契約タイプを「車対車」(他の車との衝突や接触のみ補償される)すると保険料を抑えられますよ。

使わなさそうな特約は外す

自動車保険には、カーライフを特約にしてくれる特約がいろいろとついています。
しかし、中には使わない特約や他の保険と被っている特約もあるので、十分に注意しましょう。
例えば「代車特約」は文字通り、車の修理中に台車を無料で提供してくれる特約ですが、提携修理工場を紹介してもらいそこに修理を依頼すれば、代車は無料で貸してくれるケースが少なくありません。
「弁護士特約」は、交通事故などで弁護士が必要な時、弁護士費用を立て替えてくれる特約です。
ただし、弁護士特約は自動車保険だけではなく、火災保険や傷害保険にも付帯していることがある特約ですので、他の保険の約款を見て弁護士特約が付いているようでしたら、加入する必要はありません。

「人身傷害補償保険」と「搭乗者傷害保険」を見直す

「人身傷害補償保険」は、自分自身のけがに対して過失割合に関係なく補償してくれる項目で、「搭乗者傷害保険」は搭乗者のけがに対して過失割合などに応じて補償してくれる項目です。
この2つの補償項目は重複することも多く、どちらかといえば人身傷害補償保険の方が補償が手厚い傾向にあります。
どうしても自動車保険の掛け金を安くしたいのであれば、人身傷害補償保険のみ付けて、搭乗者傷害保険は外してもいいでしょう。

保険無料相談サイトに相談する

そして最後は、「保険無料相談サイトに相談する」です。
1社の自動車保険だけでは比較検討がなかなかできません。
かといって、複雑な複数の自動車保険の商品を自分だけで比較検討するというのも結構大変です。
そんなときには、保険無料相談サイトを活用するといいでしょう。
複数の損保会社の自動車保険の比較も簡単にできます。
いくつかの項目を入力するだけで一括見積をとることができますので、面倒もなく同条件で比較検討が可能です。


▼保険の見直しや加入でお悩みの方はこちらがおすすめです。
人気No.1 保険無料相談サイト

こちらの記事もおすすめです!

関連記事


Facebookページ

ピックアップ

  1. ranking

    2016.12.08

    【保険の見直し・加入でお悩みの方へ】おすすめの保険無料相談サイト3選

おすすめ記事

  1. kokyo01

    2017.01.04

    転勤族から見た「故郷」への憧れと、「家族」という居場所
  2. hoken01

    2016.11.09

    家族とは万華鏡のようなもの。その時々で変化を楽しめばいい
  3. 02

    2016.07.15

    疎遠となった家族を乗り越えて、愛する人だけにお金を残すいくつかの方法

facebookページ