dokusin01

独身のあなたが生命保険に加入する必要性について考えてみよう


突然ですが、あなたは今、独身ですか?
生命保険が独身の自分に必要あるのか無いのかが分からないけど知りたい、ということはありませんか?

私は現在アラサーとなりましたが、20代の前半の頃にそのような悩みを抱えていました。

しかし、社会人1年目22歳の時にとあるプランナーの方と出会い、生命保険の必要性について説明してもらうことでその疑問が解消し、独身でいながら生命保険に入った経験があります。

またその後、26歳から2年半の間、外資系生命保険会社の営業職としても働いた経験もあり、生命保険の知識が少なからずある私なので、独身で保険に入る意味があるのか、と悩まれている方の参考になれば幸いです。

プランナーさんとの出会い

私が社会人1年目の時、生命保険ってなんだろう、生命保険って必要なのかな?
社会人になって、お給料をもらえるようになったし、なんだか大人になった気分なので、ちょっと保険のことを勉強してみたいな、という気持ちがありました。

早速周りの大人に相談すると、職場の先輩が自分の保険の担当をしているという生命保険のプランナーさんを紹介してくださいました。

生命保険が何なのかが全くわからなかった私は、そのプランナーさんに保険の仕組み、保険の種類、いつ加入するのが良いのか、ということを説明してもらいました。

生命保険の仕組みとは?

さて、生命保険とは決まったお金(掛金)を支払うことで、保険をかけている人(被保険者)が亡くなった時に受取人にお金(保険金)が支払われる仕組みです。

他にも、両足/両腕が使えなくなったり、寝たきりの状態になったりという(定義は各保険会社によって異なりますが)高度障害状態になってしまった時には、生きている間にお金を受け取ることができます。

人が亡くなったということにもお金がかかるという話

さて、人が亡くなった時のことを考えてみましょう。

人が亡くなったら、一般的にお葬式をして、火葬して、お墓に埋葬、1回忌や3回忌などを行いますよね。
その時には葬儀代、火葬代、お墓代の他にも食事代、送迎車代、香典返し、お坊さんへのお布施などの費用が必要です。

これらにかかる費用は、一般的に200万円ほど必要だと言われています。

独身で加入した理由とは?

さて、人が亡くなるのはいつでしょうか?

明日でしょうか、数十年後でしょうか。

正直、分かりませんよね。

先ほどお話したように、人が亡くなると200万円ほどのお金が必要になります。

もし明日あなたが亡くなったとしたらこの200万円は誰が支払ってくれるのでしょうか。

お父さんですか、お母さんですか、兄弟ですか?

私の場合「父だと思います。」というのが23歳の頃にプランナーさんから説明を受けた時の回答でした。

では、これまでずっと一生懸命働いてくれて家計を支えてくれたお父さん。
普段の生活費以外にも習い事をさせてくれたり旅行に行かせてくれたり大学の学費を払ってくれたりと、大切に育ててくれたお父さんにお葬式代まで出させたいですか?

もちろん、お父さんは悲しみにくれながら支払ってくれると思います。
でも、あなた自身はどうですか?

うーん、確かにお父さんには200万円の貯金はあるだろうけど、老後の楽しみに取っておいて欲しいし、お葬式代を自分で準備出来るならしておきたいな、と思ったのを今でも覚えています。

その後、保険の種類について説明してもらい、掛金として払える金額と、自分の死後のお金として準備しておきたい保険の種類を考慮して自分の納得いくプランを作ってもらいました。

今は、いつ自分が死んでしまってもお金の心配はさせなくて済む、という安心感を持って毎日を送ることが出来ています。

まとめ

生命保険とは、自分が亡くなった時に受取人に支払われるお金です。
人が死んだ時にはお金がかかるので、独身である今からでもその費用を自分自身で準備してみてはいかがでしょうか。

著者プロフィール

saya100

武士乙女さぁや

武士乙女さぁやのブログを運営するブロガー/ライター。大学体育教員、フリーランスのピラティスインストラクター、外資系金融営業、国内メーカー営業の経歴を経て、ライター業の世界へ。ブログでは、自身の体験談を元に更新中。


▼保険の見直しや加入でお悩みの方はこちらがおすすめです。
人気No.1 保険無料相談サイト

こちらの記事もおすすめです!

関連記事


Facebookページ

ピックアップ

  1. 160708

    2016.07.10

    親父の星一徹ぶりが凄かったけど、今ならその理由がわかると思った話。

  2. 02

    2016.07.15

    疎遠となった家族を乗り越えて、愛する人だけにお金を残すいくつかの方法

おすすめ記事

  1. dep01

    2016.12.13

    「保険がおりる」ってなんでしょうか?
  2. ranking

    2016.12.08

    【保険の見直し・加入でお悩みの方へ】おすすめの保険無料相談サイト3選
  3. 160419

    2016.06.30

    必要ではない保険勧誘の相手に配慮した断り方

facebookページ