byoin01

「病院の診断書?」保険の手続きをスムーズに進めるには


ケガや病気で治療した後、加入している保険会社に聞いてみたら「診断書を」という話になることがあります。保険の手続きの説明を受けて、必要な書類が郵送されてきますが、保険の支払い手続きはどのような流れになっているのでしょう。

診断書は何のために必要?

診断書は医師が患者の状態を証明する書類です。病気やケガの状況、治療期間などを証明する書類になっています。
保険の給付手続きには医療情報が必要なため、保険会社独自の診断書に記載してもらいます。
保険会社は加入者から広く保険料を集め、その中から該当の支払い手続きをしているため、公平一律に給付金の判断をする必要があるからです。
ただし給付金や治療内容によっては病院の領収書などでも手続きできる場合があります。
まずは保険会社へ問合せをしてみましょう。

診断書の料金は健康保険が使えない?

診断書の作成は医療行為や投薬ではないため健康保険は使えません。
予防接種や健康診断で保険証が使えないのと同じ理由です。診断書の料金は病院によって異なりますが、一般的に4,000円~7,000円プラス消費税となっています。
そのため後から書き直しなどの必要がないように、必ず保険会社から所定の診断書を送ってもらい、その用紙を病院へ持参するようにしましょう。

スムーズに保険手続きを進めるには

保険金受取りまでの流れ

保険会社へ問い合わせをして手続きに診断書が必要となった場合、説明を聞いて手続き書類の到着を待ちます。
診断書を病院へ依頼して、出来上がったら本人記入の申請書類とともに返送。
それから保険会社が治療内容の確認や審査、支払い手続きを行います。
金融機関への振込手続きもあるため、保険金が口座に入金されるまでには一定の日数がかかります。
このような流れをスムーズに進めるにはどのようにしたらいいのでしょう。

まず、診断書の発行には期間がかかる

診断書の発行にかかる期間も病院によってさまざまです。
書類を持参していても医師がその場で書いてくれるケースは少なく、まずは看護師や受付事務の方に相談することになります。
総合病院や大学病院などの場合は、診断書や各種証明書発行の専用窓口が設置されている場合があり、窓口で申請することになります。
この場合は申し込みをしてから病院所定の期間がかかるため日程の確認が必要です。

治療の途中から動き始めることがポイント

そのため、保険会社への連絡は治療途中のうちに早めにしておくことが手っ取り早いということになります。
まず自分が加入している内容で支払いの対象になるかどうか確認したほうが安心ですし、手続きの説明も早めに聞いておいたほうがスムーズです。
必要書類も早めに郵送してもらいましょう。

保険会社の審査

保険会社は到着した書類や診断書などをもとに確認を行います。
診断書の内容によっては、医療機関に相談の上、日程を調整して訪問する場合もあり、その場合は日数がかかることがあります。注意したいのは保険の加入時の「告知義務」の項目です。

もし保険の審査の際、診断書の内容から保険加入時の告知義務に疑問が起きた場合、保険会社も丁寧に調べることになります。病気や治療の履歴など、まずは保険加入時の内容に間違いがないか確認しておきましょう。

保険のプロに相談

毎月保険料を支払っていても、自分で申請しなければ保険の給付を受けることはできません。
医療機関のカルテ保存年限の事もあるため、病気やケガに遭った場合は早めに保険会社へ連絡をして手続きを進めましょう。
給付に該当しない場合でも、自分が加入している保険について学ぶ機会になり、家族が加入している保険を選びなおすなど、経験を活かすことができます。

ご自身が病気やケガをした後に保険の見直しをする場合は、治療歴などが加入審査の基準となりますので一定期間、保険に入りなおすことが難しい場合があるのですが、診断書や領収書のコピーを取っておいたり、健康診断の結果などをまとめて保管しておくと、治療の時期や健康状態を把握しやすくなります。

保険の見直しの際は、疑問点や選ぶポイントなどを保険のプロに相談すると確実です。
保険の内容も年々変化がありますので、最新の情報を把握している保険の無料相談サイトに相談してみましょう。


▼保険の見直しや加入でお悩みの方はこちらがおすすめです。
人気No.1 保険無料相談サイト

こちらの記事もおすすめです!

関連記事


Facebookページ

ピックアップ

  1. ranking

    2016.12.08

    【保険の見直し・加入でお悩みの方へ】おすすめの保険無料相談サイト3選

おすすめ記事

  1. kokyo01

    2017.01.04

    転勤族から見た「故郷」への憧れと、「家族」という居場所
  2. hoken01

    2016.11.09

    家族とは万華鏡のようなもの。その時々で変化を楽しめばいい
  3. 02

    2016.07.15

    疎遠となった家族を乗り越えて、愛する人だけにお金を残すいくつかの方法

facebookページ